Archive for the '未分類' Category

陣痛促進

3月は陣痛促進でみえた患者さんの報告です。
この方は3月27日に来院されました。その時点で妊娠40週。予定日は9日後(4月5日)です。
胎児が3500gと大きいため、病院から4日後には帝王切開か人工破水をと言われたそうです。
その時に、ホームページで当院を知ったとのお話でした。
第一子の時に、破水後に大出血をしたため、帝王切開や人工破水を避けたいとのことでした。
鍼灸で自然に陣痛が起きることを期待して来院されました。
予定日を越えてからの陣痛促進は行ったことがありますが、このようなケースは初めてです。
まだ、赤ちゃんに準備が出来ていないかも知れませんが、私が出来ることをと思い、陣痛促進の処置を行うことにしました。
背中の第4胸椎の辺りに現れる、少し黒ずんだお印に0.9ミリのパイオネックス(円皮鍼)を貼付しました。
2日連続で治療しましたが、まだ出産にはいたっていません。
病院の方で少し猶予期間を延ばして下さったようなので、陣痛促進の処置がうまくいくといいなと思っています。
また結果を報告しますね。

不妊治療

続いて2月の報告です。
2016年6月に、交通事故のむちうちとアキレス腱の痛みで来院され、数回通って体調は良くなったようでした。
その方が2017年10月、不妊治療がうまくいかないときに当院を思い出して下さり、再来院されました。
病院での治療と併用して、経絡治療を始めました。
治療のペースは、採卵・受精した卵を子宮に戻す移植の前に来院される感じでした。
経過は、なかなか妊娠に至らず、2年ほど過ぎると言う残念な結果が続いていました。
最後にみえたのが、2019年8月。受精卵を子宮に戻す日に「病院も変えたので期待しています」と言われて帰って行かれました。
その後、連絡がなかったのでだめだったかぁ?と案じていましたが、2020年2月に思わぬ連絡がありました。
赤ちゃんが逆子になってしまったので、治療してほしいと…
妊娠していることを知らなかったので、この時は本当にうれしビックリでした。
本人いわく、順調にいくか不安もあったので、生まれてから報告しようと思っていたとのことでした。
何とか妊娠の手助けになればと精一杯治療していましたので、これほどうれしい吉報はありませんでした。
その後、まだ連絡はありませんが、元気な赤ちゃんが生まれるのを楽しみにしています。

右腕のだるさと指先のしびれ

新年のご挨拶もしないまま、診療日記が約3ヶ月滞っていました。
大分ご無沙汰となってきまいすみませんでした。
令和2年に入り、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
ラ・フィーネは1月7日からいつもと変わらず営業しております。
3ヶ月滞っていた間に、コロナ騒ぎで大変なことになっていますね。
いつもと変わらぬ毎日の生活がいかにありがたいかを再確認している毎日です。感謝!感謝!
こんな時こそ、経絡治療で免疫力を高めていくと良いのではと思います。
今できることは、手洗い・うがい・部屋の換気をしっかりすること。
この3つで予防していきながら、気持ちを明るく過ごしていきましょう。
ラ・フィーネでは、施術前後の手洗い・うがいを欠かさずに行い、施術用品等の消毒や空間除菌、定期的な換気を行いながら、除菌対策に最善を尽くしております。

さて、1月から順番に報告していこうと思います。
1月の報告は、右腕のだるさと親指のしびれです。この方は、12月半ば過ぎ頃に来院されました。
右手親指のしびれは、2019年10月頃からで、3年前に、ゴルフをしたあとに突然右半身にかけてのしびれが起こったそうです。
病院では特に異常はないと言われ、1年ほど電気はりの治療を受けていたとのこと。お話を聞いていると、電気はりで全体的には改善されていた様子。しかし、右手親指のしびれが残っていたせいか、ご本人は良くなった実感がなく、治療をやめたとのこと。
10月頃に右手親指のしびれが強くなってきて、漢方薬局で当院を勧められ来院されました。
1回目の治療で、合谷の辺りの反応が取れてきたので、私としては手ごたえを感じていました。
しかし、ご本人はあまり良くなった感じはないようでした。それでも、週1回治療を続けて下さり、腕のだるさが改善されてきたようです。
効果を感じて下さったのか、2月からは週2回のペースで治療に来て下さり、だるさはほぼ改善しました。
残っていた右手親指のしびれも3月くらいから指先の方へ移動していき、かなり改善されてきています。
今でも予防を兼ねてきちんと通って下さっています。
改めて、継続治療の力を感じさせてもらって症例でした。

経絡治療で落ち着きがでてきた!!

今年の夏は猛暑とはいえ、昨年よりは大分過ごしやすい日々だったような気がします。でも、やはりかなり暑い日々でしたね。まだまだ残暑が続いていますので、みなさん体調に気をつけてお過ごし下さいね。

そんな7月の報告を早速行きたいと思います。
今回は4年生の男の子の話です。この子が初めてやってきたのが2014年7月。5歳の幼稚園児でした。もともとおばあさまが定期的に身体のケアーにいらっしゃっていて、鼻が悪いのか口呼吸が強いとのことで連れてこられました。
この子、かわいいのですが結構わんぱくな男の子。ベッドの上でもじっとしていない感じでした。でも、治療が気持ちよかったようで、本人も気に入り週一回、経絡治療による全身調整をし、鼻を整える治療を続けていました。すると日に日に落ち着きが増していき、話し方も穏やかになっていきました。おばあ様も「ハリのおかげで、最近とっても落ち着いてきたんです」と喜んで下さっていました。私も週一回会っていてそう感じていましたが、身内の方には一層そのように感じられたようです。小学校に入ってからはなかなか来る時間がないようで、ときどき治療にやってくるという感じでした。鼻も調子がよいようで、口呼吸が減っています。やはり経絡治療をすると穏やかになるようで、この7月からまた週一で通って来るようになりました。いつも「気持ちいい~!」とうれしそうにするので、私も嬉しい気持ちになり、思わず笑顔になってしまいます。
この子の例だけでなく、子供の治療を行う度に、穏やかになったり、落ち着いてきたり、笑顔が増えたり、声が元気になったりとその子のよさが引き立ってくるなと感じることが多いです。経絡治療は、これからを担う子供たちの心と体の平和にも大いにかかわっているのだなぁと心底感じています。微力ではあっても、このような形でこれからの子供たちの心と体の平和に繋がるお手伝いが出来ることをとても嬉しく思っています。

眼圧とリューマチ

5月もあっという間に、過ぎていきましたね。急激に夏を感じるようになってきました。
みなさん、体調には十分気を付けてくださいね。
今月は、今までで一番の多くの患者さんが来院してくださいました。
この場をお借りして、心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございます!
これからも変わらず、まごころ込めて施術していこうと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、5月は、眼圧の話題から…。
この方は、もう4年くらい通ってくださっているでしょうか?
眼圧・アレルギー鼻炎・慢性腰痛などで、定期的ではありませんが、ことあるごとに治療にみえています。初診時は眼圧が20以上あったのですが、何回かの治療で正常値ぎりぎりの19まで下がりました。そこから眼圧に関しては特に変化はなかったのですが、この前うれしい報告をしてくださいました。先日検査へいったら、眼圧が17になっていたとのこと。ここへきてまたひといき眼圧が下がりました。
「ここまで下がればもう安心だな」とほっとした瞬間でした。アレルギー鼻炎・腰痛も大分よくなっています。以前にお話ししたチョコレート脳腫の方もそうですが、停滞期にもずっと継続していくと、ある時またひといきよくなる時期がやってくるのだなと感じました。継続の力を再認識したうれしい出来事でした。

前にも書かせていただいたことがある、2012年から通って下さっている患者さんのお話です。
リューマチがあり、その薬の副作用から調子が悪く、旅行などでも途中で1時間ほど横にならないとみんなについていけないとおっしゃっていました。でも、治療を続ける内にそれが必要なくなり元気にご家族のペースに合わせられるようになったとのこと。これは以前アップさせていただきました。
その後、300台だったリューマチの値が90台になったとの報告をいただきました。そして先日、その値が40台まで下がったと嬉しそうに話して下さいました。(これでもまだ正常値ではないようですが)
「ここの治療院にずっと通っていて本当に良かったと思っているの」と言って下さり、とてもとてもうれしく思い、励みになりました。バスを乗り継いで通って下さっていますので、結果が出て、喜んでいただけて本当によかったと思っています。

子宮筋腫が見つかった

今年は、例年に増して寒暖の差の激しい春ですね。
みなさん体調を崩されていませんか?
どうぞお身体に気をつけて、これから来るゴールデンウィークを楽しんで下さいね。

この寒暖の差の激しさからか、3月は今までで一番多くの患者さんが来院されました。ありがたい限りです。そんな中で、今回は久々に来院下さった子宮筋腫の患者さんのお話しです。
この方は、1年前に肩こりで来院。その時に、下腹部に硬いものを触れたため「子宮筋腫はありませんか?」と尋ねました。検査をしたことがなかったようで、その時は「ありません」と言われました。
治療後そのまま帰られ、その後来院されていませんでした。
ところがところが、「あの時、子宮筋腫はないと言ったんですが、この前の健康診断で子宮筋腫が見つかったんです」とのことでした。多発性でずいぶん大きいようです。
只今、花粉症の治療も兼ねて、週一のペースできてくださっていて、治療をすると鼻の調子もいいとのことで喜んで下さっています。「お母さんの病気を見つけてくれた先生だから」と言って娘さんまで治療に来て下さっています。
4月末ころ病院でもう一度検査をし、今後の方針が決まるそうです。筋腫がどこまで小さくなっているかは分かりませんが、子宮あたりにあった硬さが大分やわらいでいるので、手応えを感じています。
良い方向へは向かっていると思うので、結果がたのしみです。

子宮筋腫のある方は、手術をされるにせよ、術前に経絡治療を受けられることで、手術の結果・術後の経過が間違いなく良い方向へ向かうと思います。是非、経絡治療を…。

夜尿症にも効果大

続いて、5月の報告です。
5月末に、小学3年生のかわいい女の子が来院されました。
肩こりと倦怠感で来院されたお母様が〈効果があるかな?〉と連れてこられました。
夜尿は大量で、しかも毎日とのこと。「気長にみて下さい」話しながらの治療でした。
時間がかかるだろうと思っていたのですが、次に治療にみえた時にお話を伺うと、1回の治療で量も減り、夜尿がない日も出てきたとのことでした。このまま定期的に治療を続けて下さればさらによい方向に向かっていくと思います。今から楽しみです。

出産時に効果大!陣痛促進処置と安産灸 ②

陣痛促進処置と安産灸の第2弾です。

前回紹介した友人の出産の話を聞いて、18日にもう一人の妊婦の友人も「お願いします」と治療に来られました。この友人はこの日が予定日だったのですが、生まれる気配がないとのことで来院されました。
明日か明後日には生まれるだろうと楽しみにしていると、またまた吉報がありました。
19日の午前中に、元気な女の子が生まれたとのメールがあったのです。出産時間は、4時間とこちらも割りと安産でした。こうやって出産のお役に立てることを本当にうれしく感じます。
陣痛促進の処置と安産灸は、本当に効果てきめんです。
予定日を過ぎても産まれないという方は、是非試してみてください!!

身内の方も治療に パートⅡ

もうひとつ「身内の方も治療に・・・」の話を書きますね。

この方は、慢性の腰痛で、最近痛みがひどいとのことでした。また、頸を左に向ける時に、肩から肩甲骨内側にピンと張った感じがありました。知人の紹介で来院されました。話を伺うと、まだ症状としては出ていないけれど、リウマチの気もあるとのことでした。治療後は、腰の所見がスーッとよくなり、頸の左に向いた時の痛みもなくなったようで、とても喜んで下さいました。それから、週二回継続して治療を受けられています。今は、腰の方はほとんど良くなっていて、頸の治療とリウマチの予防に重点をおいて治療しています。

何回か治療されたのち、脊柱管狭窄症のお母様を連れてこられました。腰痛と脚のつりが主訴でした。
治療後は、腰の調子がうそのように良くなったとびっくりされていました。狭窄があるので、どうしても数日たつと痛みが戻ってきてしまいますが、足のつりの方はすっかりよいようです。継続して治療に来て下さっているので、腰痛も徐々に良い方向に向かってくれると思います。笑顔で親子一緒に来院される様子に、こうやってどんどん経絡治療の輪が広がっていくとうれしいなとしみじみ感じます。
そのために今後も自分のできる精一杯の治療で、少しでも患者さんの心と体のケアのお役にたてればと思っています。

診療日記

6月、7月と二ヶ月間、可愛い甥っ子と姪っ子がきていて、大分ご無沙汰になってしまいました。早いものでもう9月。ご無沙汰している間にも、色々な方がみえました。
肩こり・腰痛はもちろん、アトピーのひどい方、五十肩、足首の捻挫をされた方、交通事故で骨折をされた方、手首の腱鞘炎の方、めまいなどなど。沢山の方がきてくださり、本当にありがたいかぎりです。お陰様でだいたいの方が症状も回復されています。
一時、ホームページが見れない状況になっていたようです。無事復活しましたので、これからもよろしくお願いいたします。とりあえず、久々のごあいさつです。