Archive for the 'ひとりごと' Category

皆様に感謝

9月頃までを振り返ると月に一度くらい、久しぶりの来院があったりします。
自粛されていた方たちが、少しづつ戻ってきて下さっっているのかな?覚えていてくださったんだっとうれしく思っています。
何年ぶりという来院も結構あり、当院での治療に満足して下さっている方がこんなにも沢山みえるのだなと、改めて感謝の気持ちでいっぱいになります。
今年も残り3か月を切りましたが、今まで通り真心込めた治療で少しでも皆様の心と体の健康のお役にたてればと思っています。
いつも診療日記がご無沙汰になってばかりですが、出来るだけまめにアップしていくようにしますね。

脊柱管狭窄症

5月~7月あたりを振り返って、脊柱管狭窄症の方の報告をひとつ…
この方は、2021年5月の連休明けに娘さんに支えられながら来院されました。
腰痛は慢性的のようで、5年前に脊柱管狭窄症と診断されたとのことでした。コロナで自粛が始まる前までは、杖を使って歩いていらしたそうですが、ここ最近、痛みが悪化しているとのこと。コロナ渦で歩かなくなり、筋肉が衰えてきたのが大きいだろうとお医者さんから言われたようです。
毎週痛みを抑えるブロック注射を受けていて、注射をするとすぐは良いが、また痛みやしびれが出てくるとのこと。ホームページを見て来院されました。
初診時の状態は、左足を回すような歩き方をしていて、膝の痛みと足のしびれが強く、特に右がひどかったです。
待合室でも、椅子から立ち上がるのに娘さんに助けてもらって立ち上がっていました。
初回の治療が終わると、「あっ、歩けるわ!」と言いながら、割とスムーズに待合室まで歩いていかれました。娘さんも、歩き方がしっかりしてきたと喜んでおられました。10月16日現在まで週1回で治療を続けていますが、まだ右臀部の痛みはあるものの、足のしびれ、痛みは、大分良いようです。
体操などで筋肉を鍛えられて、ご自身でもしっかりとケアされていらっしゃるので、今後が楽しみです。
また、以前のように外を歩けるようになると嬉しいなと思っています。来て下さる限り、精一杯尽力を注いでいこうと思います。

食欲不振

次に、4月を振り返ってみて印象的だった症例をひとつ。
主訴は食欲不振です。
この方は、一緒に経絡治療を勉強している人でしたが、出産を機に、ちょっと鍼灸の勉強はお休みしていて、現在は子育てに奮闘中です。
久しぶりに連絡があったのでどうしたのかな?と思ったら、どうもここ一週間くらい食べると気持ち悪くなってしまい、食べられないとのこと。
点滴で何とか動けているという様子でした。以前より激やせしていて、大丈夫?といった感じでしたが、とにかく治療をと思い、まずは全身治療を…。
そして、胃の滞りのある所見にハリとお灸をし、最後に「裏ないてい」という胃腸症状の特効穴にお灸をしてその日は終わりました。
治療後は大分胃がすっきりしたようで、表情がよくなっていました。胃の所見も軽減されていたのでホッとしました。
感覚をつめて継続して治療をしていくと、少しづつ食べられるようになっていきました。そして点滴も卒業。
治療するごとに以前の元気な様子に近づいていっているのを感じて、本当に良かったと嬉しく感じた症例でした。
病院のエコー検査でも異常がなく、今ではすっかり元気になっています。ひと安心というところです。

ぎっくり腰

今回は、相当のご無沙汰となってしまい、どこから書こうかといった感じです。なんと2月から書いていない…。
2・3月あたりを振り返ってみると、2月にぎっくり腰の方がみえたので、その報告からまずは書きますね。
これを反省に、毎月アップ出来るようがんばりまーす。
この方は、2月半ば頃に来院されました。来院の前日の朝起床して30分位たった時にぎっくり腰が発症したとのことでした。
くしゃみをした時に、腰に激しい痛みが走ったようです。ホームページを見て来院されました。
1回目の治療で大分よくなったようでしたが、私はぎっくり腰の方には、続けて2回治療していただくようにしています。ということで予約をして帰られたのですが、どうも治療を忘れていたようで、結局この日のみの治療となりました。治療を忘れて仕事ができる位なので、すっかり調子が元に戻ったのだろうと思います。
ぎっくり腰の際は、早めに鍼灸でケアされるといいと思います。

広がるご縁いろいろ…

前回の投稿の続きです。その後のステキなご縁について…
お嫁さんの逆子が治り、大喜びの友人!色々な人に話をしてくれたり、ブログにアップしてくれたり。その話をきいて、私と共通の友人が二人来院といううれしい流れになりました。
ひとりは、坐骨神経痛の症状がありました。慢性的に腰痛はあったけれど、坐骨神経痛の症状が出たのは1週間位前。階段を降りている時に、左臀部から足にかけてピーンと痛みが走ったとのこと。それ以来、体勢を変える時や寝返りの際に痛みがあるようでした。特に左足後面の付け根内側が痛みが強く、触感的反応もありました。
早速治療したところ、初回の治療で痛みはなくなりました。あとは、残っているつっぱり感だけとなりました。
家が近いのでメンテナンスで定期的に通うと言ってくれています。
もう一人は、メンタルの症状のある人なのですが、当日はすっきりしたようで喜んで帰っていかれました。
治療の効果を感じてもらえたかな?とうれしく思っています。
メンタルの症状には継続が一番なので、経絡治療を続けられるペースで続けてもらえるといいなと思っています。
家がかなり遠いので、近くの治療院を紹介させてもらいました。
こんなすてきなご縁の流れにも、本当に感謝!感謝!です。

逆子

8月半ば、ちょうどお盆の頃に友人から電話がありました。お嫁さんが2週間前に逆子になったので治療してもらえるかな?とのこと…。
話しを聞くと今33週、9か月です。いちど正位置に戻ったけれど、また逆子になってしまい今度は治らないそうです。
さっそく翌日治療。ハリで経絡を整えてから、逆子に効く至陰というツボにお灸をすると、赤ちゃんが動いた!動いた!
本人も「おー!」ってびっくりした声をあげたほどでした。すごい手応えを感じました。これで大丈夫と内心ニンマリ!
翌週検診にいくと、やはり逆子が治っていて、お医者さんも思わず「よし!)と言っていたそうです。
ご本人も旦那さんも、そして友人もとっても喜んでくれました。
予定日に近かったり、赤ちゃんがその位置が居心地がいいとかだと、こうはうまくいかないケースもあります。
でも、赤ちゃんの了承が得られると見事なくらい素早く正位置に戻っていくんですよね。
逆子の方は、是非鍼灸を試されるといいと思います。

出産がらみのうれしい来院

7月は出産がらみで、2つ嬉しい来院がありましたので報告です。
ひとつは、2月の報告でお話した方です。
長い不妊治療の後についに妊娠した報告をしましたが、7月の終りに来院がありました。無時元気な男の子が生まれたとのこと。28週の時に逆子になり治療に来られましたが、逆子は治っていたそうです。産後のメンテナンスで治療にみえました。赤ちゃんはお父さんとお留守番でしたが、彼女は終始笑顔で嬉しそうに母に写真をみせていました。こういう嬉しそうな様子を感じると、私もとっても幸せな気分になります。
ご縁が出来て本当に良かったです。
もう一つは3月まで週1で治療院の手伝いに来てくれていた人の来院です。妊娠中で4月から仕事はお休みしていたのですが、胃が押されて食欲がないとのことで治療に来られました。それだけ元気な赤ちゃんなのでしょうね。経過も順調そうでとても嬉しかったです。治療後、食欲がでてきたとの連絡があり、ホッとしています。
予定日もあとひと月ほど。元気な赤ちゃんに会えるのを心待ちにしています。

頸の倦怠感

6月は倦怠感で来院された方の報告です。
この方は、もともとの慢性的な肩こりと腰痛のある方です。6年位前から後頭部から頸にかけて詰まった感じがあり、ずっとだるさが抜けないとのことでした。ひどいと微熱も出るそうです。病院で検査をしても異常がなく、マッサージなどでも、一時的に軽くはなるが、すぐに戻ってしまうとのこと。5月半ばくらいに、ホームページを見て来院されました。
最初は、首の詰まった感じは変化がなかったのですが、腰が楽になったのを感じてもらえたようで、7月初めまでずっと週一で通って下さいました。
3回目位から、頸の詰まった感じが軽くなってきて、声に元気が出てきたのを感じました。
倦怠感は体のバイオリズムの関係で、日によって調子が違うようですが、こちらも大分とれてきたようです。
7月の第一週を最後に、コロナ第二波の自粛でお家でゆっくり過ごされているようで、しばらくお休みされています。
この調子でもう少し継続治療できたらもっと改善できたかなと思ったりもしますが、また来院されたら、少しでもお役にたてればと思っています。

ぼちぼちと患者さんが戻ってきました!

5月8日から治療を再開したことをアップしたつもりでしたが、何かの加減でアップされていなかったようです。何でかな?
お詫びと共に5月の報告としてお知らせさせていただきますね。
治療を再開してから約3か月。患者さんがぼちぼちと戻ってきています。このコロナ禍の中、本当にありがたい限りです。
コロナ対策として大切なのが、やはり免疫力アップ!!
経絡治療で免疫力アップのお役にたてるよう、これからも真心こめて、精一杯治療をしていこうと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します!
6月からの報告もアップしていきますね。

お休みのお知らせ

愛知県知事独自のではありますが、ついに愛知県にも緊急事態宣言が発令されましたね。
それに伴い、ラ・フィーネも4月13日~5月7日までお休みをいただくことと致しました。
今は、うつさない・うつらないが一番大切なことと判断しこのような結論に至りました。
この騒動が、どのようになっていくのか全く予想がつきませんが、今の段階では、連休明けの5月8日から再開の予定をしております。
また、変更等ありましたらホームページでお知らせしていきます。
誠に申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い致します。
皆さま、体調には充分ご自愛ください。

ラ・フィーネ院長
橋本多香子